モジュリフトのCMOD 12角天秤、ダンケルクの小さな船 「ドリアン」を海に戻す手助けをする!

「ダンケルクの小さな船たち」の中の一隻である「ドリアン」は、2011年から英国サウザンプトンにて修復中でした。現在、作業が完了し、9.7tのその船は、吊り上げられて再び海へと戻され、2020年5月のダイナモ作戦80周年記念イベントへの参加を待っています。2020年1月7日、強風吹き付ける朝に、SafetyLiftinGear社によって準備されたモジュリフトのCMOD 12角天秤によって、ドリアンの吊り上げが行われました。

歴史のひとかけら
100年以上前の1915年、歴史的なポーツマスの工廠(こうしょう)で、英国王室海軍用に造船されたドリアンは第一次世界大戦に大艦隊の一部として参加しました。ドリアンは1937年に売られ、個人用のクルーズヨットに改造されました。その後召還され、第二次世界大戦においては、フランスのダンケルクからの救出を助けました(1940年ダイナモ作戦)。戦争終結後、ドリアンは、最終的にテムズ川でハウスボートとなりました。テムズ川でハウスボートとして利用されていた2003年に火災で損傷を受け、その後ドリアンは2011年に「ダンケルクの小さな船修復トラスト」に寄付されました。その団体のボランティアチームとプロの船大工のサポートにより、ドリアンは元の荘厳な美しさを取り戻しました。

進水準備完了
King Lifting社から依頼があった際、SafetyLiftinGear社はこのプロジェクトに必要な吊り具を喜んで提供しました。というのも、彼らの有するモジュリフトCMOD角天秤は、4点吊りができこのプロジェクトに必要な安定性があるからです。

このプロジェクトでは、吊上げ当日に影響を及ぼす恐れのある、いくつかの課題が発生しました。最初の課題は、吊上げの朝です。M27高速自動車道が閉鎖しており、CMOD角天秤が確実に現場に間に合って配送されるよう機転を利かせる必要がありました。

母なる自然も、風速を上げるという、更なる課題を投げかけてきました。船を正確に持ち上げ、吊り上げる為に特に注意が必要でした。これは、この場面でモジュリフトのCMOD角天秤の安定性が完璧な選択であった、もう一つの理由です。

SafetyLiftinGear社の倉庫部長 Karl Chapple氏は、次のように言いました。

「そのような重要な歴史の一部となるプロジェクトで業務を担ったことは素晴らしいことでした。
風の強い天候で新たな課題が加わりましたが、それでも、CMOD12の安定性により、吊上げは予定通り行われました。」

吊り上げには、Safeylifingear社により提供された、King Liftings社の60tクレーンとModulift CMOD 12及びスリングが使用されました。CMOD 12は、最大使用荷重16tのため選ばれました。
King Lifting社の倉庫部長のTony Walsh氏は、17 港湾および海上連隊の陸軍に24年従事し、様々な吊り上げに関わった後にこのプロジェクトに参加することを熱望していました。吊り上げに関して、Tony Walsh氏は次のように話します。

「当日現場で参加することができたのは幸運でした。ドリアンは遂に作業場から出され、8年を過ごした船架から吊り上げられ、進水の準備をする海岸までの輸送を待っています。大掛かりなプロジェクトの中のごく小さなフェーズですが、ドリアンは今海に戻り、今年5月のダイナモ作戦記念日の一部を担う準備をしています。」

正しいモジュリフトの天秤が当日に確実に使用できるようにTony氏は吊り上げに向けてSafetyLiftinGear社のKarl氏と連絡をとるために、事前に何度も現場を訪れました。

多様な選択肢
モジュリフトのCMOD角天秤は、「1台の天秤から2台 の天秤を吊り下げる構成」より、吊り具全体の高さが低くなるため、高さ制限のある吊上げに最適です。また、「1台の天秤から2台の天秤を吊り下げる構成」を吊り下げる構成」より不静定度が高いので、強風の時にも高い安定性があります。そしてコーナーユニットの45度配置により、角天秤とスリングの横安定性が大きくなっています。

Modulift社技術部長のHarshal Kulkarni氏は、「1台の天秤から2台の天秤を吊り下げる構成」とモジュリフトの角天秤との違いについて、次のように説明しています。

「モジュリフトの角天秤と『1台の天秤から2台の天秤を吊り下げる構成』では、同じような吊り上げを行うことができますが、互いに完全に代用し合えるというわけではありません。『1台の天秤から2台の天秤を吊り下げる構成』は、高さ制限がない時、最も安価な方法です。しかし、モジュリフトの角天秤は頭上高さが低い時に効率よく使用できます。また『1台の天秤から2台の天秤を吊り下げる構成』より吊り具の数が少ないため、早く組み立てられます。」

CMOD角天秤は、モジュラー式吊り天秤の能力を広げる設計がされているため、モジュリフトの最も経済的な吊り具標準のモジュラー式吊り天秤のストラットを、ただ単に4つのコーナーユニットと組み合わせるだけで角天秤になります。4点吊りが可能となり、解決策の幅が広がります。

モジュリフトのCMOD角天秤は、CMOD 6からCMOD 250(使用荷重300t)までの品揃えがあります。

●モジュラー式吊り天秤のお問い合わせ
モジュリフト日本代理店
中村工業株式会社
担当:春田
Email:i@rope.jp
TEL.06-6551-3390
FAX.06-6551-3396