ロープファクトリー ロープファクトリー:サイトマップへ ロープファクトリー:お問い合わせへ ロープブログへ移動 ロープファクトリー:メールマガジン説明へ

ワイヤロープ案内|業界ニュース

2007年

12/20 浪速製綱、新JIS認証取得

 浪速製綱(本社:大阪府貝塚市、川添龍彦社長)は18日、ワイヤロープの新JIS認証を取得した。 本年4月から本格的に取得準備を進めてきたもので、ワイヤロープでは初めての新JIS認証となる。認証登録機関は日本検査キューエイ(JICQA)。 (産業新聞

■産業新聞
http://japanmetal.com/
■浪速製綱
http://www.naniwa-wire.co.jp/
■日本検査キューエイ/認証情報詳細
http://www.jicqa.co.jp/JIS/detail/qa0507026.html
ページの先頭へ

12/6 東京製綱、海外生産を強化=中国、ベトナム

 東京製綱は海外生産を強化する。東京製綱(常州)有限公司でのスチールコード生産を月間3000トンに現状より倍増するほか、今月中に現地企業、新日本製鉄と合同で出資する橋梁用ワイヤ製造の江蘇東京製綱有限公司の出資比率を30%から34・9%に引き上げる。5日に都内で開催した2007年9月中間期決算説明会で明らかにした。 (産業新聞

■産業新聞
http://japanmetal.com/
■東京製綱
http://www.tokyorope.co.jp
ページの先頭へ

11/19 東京製綱、「半被覆ロープ」を発表

 東京製綱は19日、コンテナクレーン用他、ワイヤロープ次期主力新製品となる「半被覆ロープ」を12月に発売開始すると発表。
 いままで日本市場にない画期的な新製品の研究開発に成功、長寿命かつ安全性の高いロープが実現可能とのこと。

半被覆ロープ

東京製綱が発表したプレスリリースによると

1.概要
ストランド(子縄)間に樹脂スペーサを挿入し、ストランド間の金属接触を防止し
またシーブとの接触面圧を軽減できます。
さらにロープ心に樹脂被覆し、側ストランドとロープ心の金属接触を防止する事で
ロープの素線断線が大幅に減少します。

2.耐疲労性
当社品比較において、耐疲労性が2倍以上と大幅に増加します。

3.一般特性
ロープ径、破断荷重はJISB種と同等です。
曲げやすく、軽いためロープの取り扱いが容易です。

4.販売計画
平成20年度  140百万円
平成21年度  240百万円を見込む。


■東京製綱
http://www.tokyorope.co.jp
ページの先頭へ

10/25 東京製綱、ワイヤロープ総合メンテナンスシステム「SEMSOR」を発表

 東京製綱は25日、ワイヤロープ総合メンテナンスシステム「SEMSOR」を開発し、今月18日その特許 が公開されたと発表。

東京製綱が発表したプレスリリースによると

  ワイヤロープはクレーン等各設備の中で大変重要な機能を担っていることが多く、破断等による事故が人命に関わるようなことも少なくありません。また、こうした突発的な事故による逸失利益や企業イメージの低下は、企業や事業所を存亡の危機に立たせることさえあります。
 ワイヤロープのトップメーカーとして、弊社はこのような事故を未然に防ぐシステムの研究にいち早く着手、そして誕生したのがワイヤロープ総合メンテナンスシステム「SEMSOR」です。「SEMSOR」は単なるロープ供給だけではなく、ワイヤロープの高度な保守管理を組み込んでいます。ワイヤロープの常時モニタリングシステムを中心とした日常管理で、断線等の異常を早期に発見し、保守管理の有効な処置を施し、その交換時期を見極めます。また、監視データの解析や交換後ロープの詳細調査等により、ロープの正確な寿命やロープの最適化等、お客さまに有益なさまざまな提案をいたします。
  創業以来120年を超える歴史の中で蓄積された膨大なデータベースを有する当社だからこそ実現し
たニュービジネスモデル「SEMSOR」は、ワイヤロープ管理の完全アウトソーシング化を実現し、お
客さまに安全・安心・安定操業をお約束します。

 ニュービジネスモデル「SEMSOR」は、一定期間の業務請負契約を前提としており、具体的な業務内容としては、@ロープ供給Aロープ監視BロープメンテナンスCロープ調査解析D技術提案等であり、お客さまのニーズに応じてその一部での契約も可能です。

「SEMSOR」とはSales & Excellent Maintenance System Of Ropes の頭文字を取ったもの。

この商品に関するお問合せは
東京製綱株式会社 新事業推進グループ (瀬尾)
TEL 03-3242-0012 FAX 03-3242-7584

■東京製綱
http://www.tokyorope.co.jp
ページの先頭へ

9/3 東京製綱、ベトナム拠点が開業

 東京製綱(田中重人社長)は31日、ベトナムのワイヤロープ製造販売会社、東京製綱ベトナム有限責任会社(中村裕明社長)の工場開業式を開いた。
 中国に次ぐ同社第3の海外工場で、高品質のエレベーター用ロープを中国や東南アジアに供給する。当初の年産2400トンから2年後に6000トンを計画。近い将来に約10億円を投じて3万6000トンに拡張し、東アジア、さらに欧米市場への輸出拠点にしていく。

会社概要

会社名

TOKYO ROPE VIETNAM CO., LTD.(東京製綱ベトナム有限責任会社)

所在地

30 VSIP II Street 3, Vietnam Singapore Industrial Park II (VSIP II)
Binh Duong Industrial-Service-Urban Complex
Ben Cat District, Binh Duong Province, Vietnam

工場面積

30,000m2(将来予定70,000m2

従業員数

約90名

事業目的

エレベータ用ワイヤロープの製造販売


■産業新聞
http://japanmetal.com/
■東京製綱
http://www.tokyorope.co.jp

ページの先頭へ

8/7 東京製綱、子会社の東京製綱スチールコードを吸収合併

東京製綱は7日、子会社の東京製綱スチールコード株式会社を平成19年10月1日を目処に吸収合併することを決定した。

■東京製綱
http://www.tokyorope.co.jp

ページの先頭へ

8/1 東京製綱、土浦工場と堺工場でISO14001を取得

東京製綱は1日、 土浦工場及び堺工場が6月に環境マネジメントシステム「ISO14001:2004」の審査登録を完了したと発表した。



■東京製綱
http://www.tokyorope.co.jp

ページの先頭へ

6/1 日本鋼索工業会、書籍「クレーン用ワイヤロープ」を発売


日本鋼索工業会より『クレーン用ワイヤロープ』が発売されました。

購入は日本鋼索工業会へお問い合わせください。

■日本鋼索工業会
http://www.nihonkousaku.jp/

ページの先頭へ

6/1 東京製綱、7月21日出荷分からワイヤロープ10%以上値上げ

製品価格値上げについて

 鉄鋼需給が一段とタイト化する中で当社製品の主原料である高炭素鋼特殊線材につ いて鉄鋼メーカーがトンあたり10,000 円の値上げに踏み切ったことにより、他の諸資 材の値上がり分を含めて当社製品の値上げを行なうことに決定しました。
  線材は平成17 年春の値上げ以来2 年ぶりですが、線材需給がタイトな状況のなかで 鉄鋼メーカーからの値上げ要求に抗しきれず、さらに副資材関係の値上げ圧力も強く コストダウンなどの施策を行なっているものの自助努力の限界を越えていると判断し、 製品価格について値上げを行なうものであります。

 今回の値上げはワイヤロープ及びその関連加工製品について値上げ幅は10% 以上で 6 月契約7 月21 日出荷分から実施する予定です。

  鉄鋼関連価格は原料価格の動向によっては来年度以降も値上がりが予想され更なる 値上げの可能性があります。
(5月31日付、東京製綱のニュースリリースより)

■東京製綱
http://www.tokyorope.co.jp/

ページの先頭へ

5/18 新日鉄、特殊鋼線材 1万円値上げ

 新日本製鉄は17日、5月契約7月出荷分から全用途の特殊鋼線材価格をトン当たり1万円(現行の10―15%)引き上げると発表した。特殊鋼線材の値上げは2005年4月出荷分以来、2年ぶり。

 ニッケル、モリブデン、バナジウムなど原材料価格、燃料費、輸送費の上昇によるコスト増を値上げで吸収し、再生産可能な体制を構築する。また、ニッケル価格の高騰を受けて、ばね材用、PC鋼線用などニッケル含有鋼について、ニッケルサーチャージ制を導入する。 (産業新聞

■産業新聞
http://japanmetal.com/
■新日本製鐵
http://www.nsc.co.jp/

ページの先頭へ

5/16 東京製綱、物流再編完成、インターネット受注システムも10月稼動

東京製綱(株)は10月をめどに、インターネットを利用した受注システムを稼働させる。

これまでに鋼索鋼線全社統合システムのうち、実績把握・受注出荷・生産計画システムが稼動を開始しており、受注システムの稼働で全社統合システムが完成する。

また、主力製品のワイヤロープ流通再編として、直営販社の設立・代理店の再編・営業倉庫の廃止・支店組織の簡素化・即納体制確立のための物流センター開設などを実行した。

今後は、鋼索鋼線を中心にコストダウンを進め、海外事業との連携、最適生産体制の構築を前提に、技術・製造基盤の徹底的強化施策を具体的に推進していく。(LNEWS

■LNEWS
http://www.lnews.jp
■東京製綱
http://www.tokyorope.co.jp/

ページの先頭へ

4/16 ジェイ-ワイテックス、ホームページを開設

■ジェイ-ワイテックス
http://www.j-witex.co.jp/

ページの先頭へ

2/1 日亜鋼業と住電工、鋼線3社統合で最終合意

 日亜鋼業と住友電気工業は31日、興国鋼線索、関東鋼線、メタックスの鋼線3社の事業統合について最終合意したと発表した。予定通り本年4月1日付で合併、新会社の社名はジェイ―ワイテックス(J―WITEX)に決定した。社長には新日本製鉄出身で日亜鋼業顧問の大庭哲哉氏(64)が就任する。2006年9月、事業統合に基本合意していた。 (産業新聞

会社概要
社名
興国鋼線索
株式会社
関東鋼線
株式会社
株式会社
メタックス
主要株主
日亜鋼業梶F100%
住友電気工業梶F92.3%
住友電気工業梶F92.4%
事業内容
亜鉛メッキ鋼線
鋼より線
ワイヤーロープ
他の製造・販売
亜鉛メッキ鋼線
鋼より線
メタルファイバー
他の製造・販売
亜鉛メッキ鋼線
鋼より線
硬鋼線
他の製造・販売
設立
1936年3月
1961年6月
1937年5月
本店所在地
大阪府貝塚市堤
300番地
栃木県宇都宮市西川田南
2丁目5番12号
大阪府貝塚市堀
1丁目12番2号
代表者
代表取締役社長
野口 雅弘
代表取締役社長
川淵 秀和
代表取締役社長
臼井 進
資本金
450百万円
247.8百万円
1,000.2百万円
発行済株式総数
9,000千株
198.9千株
13,125千株
純資産
2,700.6百万円
1,191.2百万円
△1,185.3百万円
総資産
7,748.9百万円
2,843.0百万円
6,357.1百万円
従業員数
約170名
約130名
約140名
主要取引先
豊田通商(株)、
(株)メタルワン
三井物産(株)、
東京電力(株)
三沢興産(株)、
住友電気工業(株)
主要株主
日亜鋼業 100%
住友電工 92.3%
住友電工 92.4%
主要取引銀行
(株)三菱東京UFJ銀行
(株)三井住友銀行
(株)三井住友銀行

合併後の状況(予定)
商号 ジェイ-ワイテックス株式会社   
(英文:J−WITEX CORPORATION) 
事業内容 鋼線の製造・販売及び関連する事業
本店所在地 大阪府貝塚市堤300番地 (現 興国鋼線索本店)
代表者 代表取締役社長 大庭 哲哉 (現 日亜鋼業顧問)
資本金 4.5億円
総資産 約200億円
決算期 3月31日
株主 3月31日
事業規模 売上高規模160億円程度

■産業新聞
http://japanmetal.com/
■住友電工/プレスリリース
http://www.sei.co.jp/news/press/07/prs488_s.html

ページの先頭へ
業界News
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
産業新聞 www.rope.co.jp 移動式クレ〜ン倶楽部 全日本ロープ加工組合連合会
Calculation
自動計算
ワイヤロープ破断
荷重計算
ロープ破断荷重から
つり荷重を計算
つり荷重から1本当たりに必要な破断荷重を計算
つり荷重から1本あたりに必要な破断荷重を計算(比較)
単位換算
『力・重量』換算
『長さ』換算
ロープブログ
メールマガジン
 
ロープ ファクトリーホームロープ ファクトリーサイトマップロープ ファクトリーお問合せロープブログへ移動ロープ ファクトリーメールマガジン ページトップへ
Google
WWW を検索 rope.co.jpを検索
中村工業株式会社 大阪市大正区泉尾6丁目5番40号
Tel: 06-6551-3390 Fax: 06-6551-3396 Mail: info@rope.co.jp
COPYRIGHT © 1997-2010 NAKAMURA INDUSTRY CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
Janitor's (Tetsuya Nakamura) pageProduced by srif9920