ロープファクトリー ロープファクトリー:サイトマップへ ロープファクトリー:お問い合わせへ ロープブログへ移動 ロープファクトリー:メールマガジン説明へ

ワイヤロープ案内|業界ニュース

2001年

NKK・川鉄、JFEグループを創設…統合合意

NKKと川崎製鉄は、経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。
新グループの名称は「JFE(ジェイエフイー)グループ」。

■産業新聞 鉄鋼関連ニュース 12/21 http://www.japanmetal.com/
■JFEグループ発表のニュースリリースはこちら
http://www.jfe-hldgs.com/
ページの先頭へ
新日鉄を軸に住金・神鋼の3社間スキームも

新日本製鉄と住友金属工業は12日、新日鉄本社で、「連携施策」の検討を開始することで合意した、と発表した。

■産業新聞 鉄鋼関連ニュース 12/12 http://www.japanmetal.com/
■新日本製鉄のニュースリリースはこちら
http://www.nsc.co.jp/
ニュースリリース→Back Number>2001→2001/12/12 新日本製鐵(株)と住友金属工業鰍フ連携施策の検討開始
ページの先頭へ
新日鉄と神鋼、相互連携で合意

新日本製鉄と神戸製鋼所は4日、双方の競争力強化のための相互連携を実施していくことで合意したと発表した。

■産業新聞 鉄鋼関連ニュース 12/5 http://www.japanmetal.com/
■新日本製鉄のニュースリリースはこちら
http://www.nsc.co.jp/
ニュースリリース→ Back Number>2001→ 2001/12/04 新日本製鐵鰍ニ叶_戸製鋼所の提携
ページの先頭へ
「新生21計画Vプラン」

東京製綱(上西凖社長)は22日、競争力強化と財務体質の改善を目的とした、工場集約などを柱とする経営改善対策「新生21計画Vプラン」を発表した。

(http://www.japanmetal.com/:10/22鉄鋼関連ニュース)
ページの先頭へ
「ベカルト東綱メタルファイバー」を設立

東京製綱は10日、世界最大のワイヤメーカーのベカルト社(ベルギー)と、極細金属繊維の開発・製造・販売を行う合弁会社「ベカルト東綱メタルファイバー」を設立することで合意したと発表した。

(http://www.japanmetal.com/:10/10鉄鋼関連ニュース)
ページの先頭へ
東京製綱(株)、販売子会社の東綱商事(株)合併

10月1日をもって、ワイヤロープメーカーの東京製綱(株)と、販売子会社の東綱商事(株)が、経営資源の効率的運用を図ることを目的に合併しました。
同日、(株)メタックスは、ワイヤロープの生産から撤退し、商権は東京製綱グループが引き継いでいくことになりました。

ページの先頭へ
全日本ロープ加工組合のホームページ公開

アドレスは http://www.h2.dion.ne.jp/~ropekako
試験の案内や、会員名簿、刊行図書の紹介などの情報を見ることができます。

(2001.8.29)
ページの先頭へ
興国鋼線索、11月メドに大阪工場拡張

興国鋼線索(管財人=田中一家・日亜鋼業社長)は、更生計画の最終決定を受け11月完成をメドに大阪工場の拡張に乗り出す。隣接地1万2000平方メートルを買収し、千葉工場から伸線機、ディスケーラーなどを移設。さらに亜鉛メッキラインの新設を行う。
 新体制後、千葉工場は閉鎖。11月から大阪工場だけの操業で黒字化を目指す。千葉工場は従業員110人で月間700トン程度の線材2次製品を生産している。この分は、11月以降大阪工場で生産する。従業員のうち100人は、10月末で退職。
 最終的に大阪工場の増強が完了すれば、従業員230人、月間加工量4000トンが見込まれている。2年目から売上高100億円で黒字化を目指す。

(http://japanmetal.com/t_news.html 2001.8.2より)
ページの先頭へ
リフテック鰍ェ新製品、ポリエステル“セーフスリング” を発売。

ベルトスリングに黄色と黒のトラ模様を施しています。
これまで、繊維ロープ(標識ロープ)、ワイヤロープ(ビニール被覆:(商品名)タイガーロープ/大和工業梶jは製品化されていましたが、ベルトスリングでは初めて。
ラチェットバックル式荷締機等も同時に発売しています。

ページの先頭へ
友重機械工業、日立建機、タダノの3社が今秋にも共同出資新会社

住友重機械工業と日立建機、タダノの3社は5月23日、建設工事向けクレーン事業で業務提携することで合意した。今秋をめどに共同出資でクレーンの開発設計を手掛ける新会社を設立する。
国内の公共投資抑制の影響などでクレーン市場は縮小している。3社は互いの技術を持ち寄ることで製品の開発コストを削減、生き残りを目指す。 3社は開発にとどまらず主要部品の相互供給、海外での販売協力なども視野に連携していく方向。
市場縮小を背景に国内のクレーン業界では生き残りを目指して提携策などが相次いでいる。1999年に日立建機とタダノが提携し、タダノは昨年に神戸製綱所とも協力関係を結んだ。

(日本経済新聞 2001.5.23夕刊より)
ページの先頭へ
メタックスが9月をもってワイヤロープの生産を停止

残る国内JISメーカーは東京製綱、テザックワイヤロープ、神鋼鋼線工業、興国鋼線索、浪速製綱、 赤穂ロープ、内外製綱、東洋製綱、西田製綱の9社になります。

ページの先頭へ
NKK・川鉄、欧州大手と提携へ 世界2強体制に

来年秋以降に経営統合する鉄鋼大手のNKKと川崎製鉄、欧州大手の独ティッセン・クルップの3社が包括的な提携で合意する。

(asahi.com 2001.4.23.03:03より)
ページの先頭へ
NKK・川鉄 経営統合 新日鉄抜き世界2位(粗鋼生産) 来年秋に持ち株会社

鉄鋼大手のNKKと川崎製鉄は13日、経営統合で基本合意したと発表した。2002年10月に 共同持ち株会社を設立、2003年4月をめどに鉄鋼事業などを統合する。統合会社の2000年粗鋼生産量(連結ベース)は3300万トンと新日本製鉄の2900万トンを上回り国内最大、世界2位※1となる。新日鉄と韓国・浦項総合製鉄の包括提携など世界規模で進む再編のなかで、NKKと川鉄は経営統合で生き残りを目指す。

※1:1位はニューコ (ユジノール(仏)+アルベッド(ルクセンブルク)+アセラリア(スペイン)、2001年秋合併:4600トン )
ページの先頭へ
タイ最大級の橋梁を受注 全長1500メートル、150億円で

大成建設はタイで同国最大級となる橋梁を受注した。受注総額は約150億円。5月に着工し、2004年2月までにバンコク市中心部と郊外を結ぶ全長約1500メートルの橋を完成させる。 これまで同社がタイで手がけた工事の中でも最大のプロジェクトで、今回の受注を機にタイでの事業拡大を目指す。

受注したのはバンコク市の中心部と郊外を走る「バンコク産業環状道路」にかかる橋。市中心部を流れるチャオプラヤ川を横断する二本の橋梁からなる。橋げたを支えるために鋼鉄製のワイヤを斜めに張った斜張橋といわれる橋で、観光地に近いためデザインにも配慮した。

発注したのはタイ内務省公共事業局で、渋滞緩和と市街を結ぶ産業道路としての役割も担う。大成建設が中心となって西松建設、NKK、現地のゼネコンが組んだ共同企業体(JV)が建設を請け負う。

(日本経済新聞 2001.4.13朝刊より)
ページの先頭へ
川鉄テクノワイヤが3月いっぱいでワイヤロープの生産を停止

残る国内JISメーカーは東京製綱、テザックワイヤロープ、神鋼鋼線工業、興国鋼線索、メタックス、浪速製綱、 赤穂ロープ、内外製綱、東洋製綱、西田製綱の10社になりました。

(2001.4.1)
ページの先頭へ
テザック

テザックのワイヤロープ部門が4月からテザックワイヤロープという新会社に移行しました。
事務所は二色浜工場。詳細はテザックホームページのトピックスへ。

(2001.4.1)
ページの先頭へ
東京製綱と東綱商事が合併

東綱商事は、東京製綱の子会社として1959年に設立され、その後、商事会社としての業容を拡大してきた。しかし、グループの中核事業である鋼索業界を取り巻く経営環境は厳しく、このため合併により経営資源の効率化と市場競争力の強化を図ることにした。合併方式は東京製綱を存続会社とする吸収合併方式で、東綱商事は解散する。

(2001.3.15)
ページの先頭へ
特製ワイヤで引き揚げ

【えひめ丸】 ハワイ沖で米原潜に衝突されて沈没した、日本の漁業実習船えひめ丸の引き揚げ方法と可能性を検討していた日米専門家会合は二日目の六日、米側が掲示した方法で基本的に技術的に可能との見方で一致した。船体に二枚のワイヤでつり上げる方法で、今後両国間でさらに細部を詰めていく。引き上げの実施に関する米政府としての最終的決定は、十二日に予定される海軍の結論を受けて下される見通しだ。

...引き揚げの実現可能性調査を請け負ったオランダのサルベージ会社スミット社が示した案によると、えひめ丸の船体の前部と後部に、一枚ずつ鉄板(幅約1.5M)を回し、それをワイヤでビームに接続。ビームの上につけられた二つの滑車にかけた直径約十センチのワイヤで引き揚げるという方法。...

...作業船やクレーン船を現地まで運ぶのにも一ヶ月以上かかると見られ、作業を始めるまでには月単位の時間がかかる見込みだ。

(朝日新聞 2001.3.7夕刊より)
ページの先頭へ
東京製綱(株)のホームページが更新

製品紹介が充実しました。
トピックスでは、” 世界一の超重量物ワイヤロープを受注”の項目が目を引きました。
・・・ワイヤロープの構成は、IWRC 8×SeWS(52)ZAC/Oで、ロープ径が95mm、長さが4,572mもあります。これを、外径4.5m、幅3.8mの巨大な鉄ドラムに巻きますが、1丸あたりの重量は約185トンにもなり、世界でも例のない超ヘビー級のワイヤロープです!! ...等の情報が掲載されています。
こんなロープ構造初めて見ました。いつかこんなロープを売ってみたいものです。

(東京製綱ホームページ/ トピックスより)
ページの先頭へ
業界News
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
産業新聞 www.rope.co.jp 移動式クレ〜ン倶楽部 全日本ロープ加工組合連合会
Calculation
自動計算
ワイヤロープ破断
荷重計算
ロープ破断荷重から
つり荷重を計算
つり荷重から1本当たりに必要な破断荷重を計算
つり荷重から1本あたりに必要な破断荷重を計算(比較)
単位換算
『力・重量』換算
『長さ』換算
ロープブログ
メールマガジン
ロープ ファクトリーホームロープ ファクトリーサイトマップロープ ファクトリーお問合せロープブログへ移動ロープ ファクトリーメールマガジン ページトップへ
Google
WWW を検索 rope.co.jpを検索
中村工業株式会社 大阪市大正区泉尾6丁目5番40号
Tel: 06-6551-3390 Fax: 06-6551-3396 Mail: info@rope.co.jp
COPYRIGHT © 1997-2010 NAKAMURA INDUSTRY CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
Janitor's (Tetsuya Nakamura) pageProduced by srif9920