ロープファクトリー ロープファクトリー:サイトマップへ ロープファクトリー:お問い合わせへ ロープブログへ移動 ロープファクトリー:メールマガジン説明へ

ワイヤロープ案内|講座|ワイヤーロープ取り扱い

キンク・形くずれ

図1 正しい解き方  
ロープを解いているときや引延し中に、図3(1)のような輪ができたら、作業を中止して、これを直してから作業を再開して下さい。
そのままにして作業を続行しますと、(2)、(3)、(4)のようなキンクとなり、それを直しても(5)のようになり、元通りにはなりません。
ロープにキンクが生じる原因は、このようにロープの解き方が悪い場合のほかに、次の場合がありますので十分注意して下さい。
  1. ロープがしごかれて、よりの長さ(ピッチ)が変化した場合。
  2. ロープを一旦地面上に環状に解いたのちドラムに巻き取るために、横引きした場合。

キンクはロープの形くずれの最悪状態で、ロープの致命傷です。一旦キンクが生じますとその損傷は永久的で、外観は直ったように見えても、そこが弱点になってロープは早く傷んできます。
キンクした部分とこれを直した部分とを引張試験した結果を、表1に示します。

表1 キンクが生じたロープの強度低下率
ロープの状態 強度低下率%
キンクを直したロープ 約20
よりの入る方のキンクが生じたままのロープ 20〜45
よりの戻る方のキンクが生じたままのロープ 35〜60

図4 形くずれの例  
ヘルクレスロープ、ナフレックスロープ,タフナフレックスロープなどのように内層と外層とが反対方向によってあるロープを解く場合には、特に注意が必要です。
ロープによりが入れば、図4(1)のように下層ロープが飛出し、またよりが戻れば(2)のようにかご状になり、ストランドが浮き上がります。
したがって、よりが狂わないように取付作業時に注意してください。またロープ心入りやストランド心入りロープの取扱いも、上記に準じて注意して下さい。
解き方 シージングの方法
ワイヤロープ取扱い
荷降し及び運搬
保管
解き方
キンク・形くずれ
シージングの方法
より方向とドラムへの
巻き方
フリートアングルなど
新しいロープを使用する場合の注意
玉掛索の取扱上の注意
ロープの点検
取替時期の目安
廃棄基準・使用限度の規格や基準等
初心者向け
ロープ加工
ロープ加工ビデオ
書籍
歴史
Calculation
自動計算
ワイヤロープ破断
荷重計算
ロープ破断荷重から
つり荷重を計算
つり荷重から1本当たりに必要な破断荷重を計算
つり荷重から1本あたりに必要な破断荷重を計算(比較)
単位換算
『力・重量』換算
『長さ』換算
参考文献
ワイヤロープハンドブック:ロープ用語、日刊工業新聞社
ワイヤロープ、東京製綱
ワイヤロープのすべて(上)(下)、製綱活性化研究会
移動式クレ〜ン倶楽部
ロープ最前線!「ロープブログ」スタート!!
メールマガジン登録は無料!最新情報をお届け
ロープ ファクトリーホームロープ ファクトリーサイトマップロープ ファクトリーお問合せロープブログへ移動ロープ ファクトリーメールマガジン ページトップへ
Google
WWW を検索 rope.co.jpを検索
中村工業株式会社 大阪市大正区泉尾6丁目5番40号
TEL : 06-6551-3390 FAX : 06-6551-3396 Mail : info@rope.co.jp
Copyright © 1997-2012 NAKAMURA INDUSTRY CO.,LTD.
Produced by srif9920