ロープファクトリー ロープファクトリー:サイトマップへ ロープファクトリー:お問い合わせへ ロープブログへ移動 ロープファクトリー:メールマガジン説明へ

ワイヤロープ案内|講座|初心者向け

点検と廃棄基準

ワイヤロープを安全に使用するためには、定期的な点検が必要です。
JIS B 8817 ワイヤロープスリングの点検基準を元にして、写真や図を追加しました。
ワイヤロープが損傷している部分と下の写真や図を比較して、断線や磨耗等がないか確認し、どれか一つでも当てはまるものがあれば、そのロープは使用出来ませんので廃棄してください。

点検は、日常点検(使用前の点検)及び定期点検(定期的に行う点検で、使用頻度によって異なるが、原則として1ヵ月ごとに行う)が義務づけられています。さらに点検の結果を記録することを規定しています。 ※メールマガジンに登録すると日常点検に便利な『ワイヤロープ点検記録表』(エクセルファイル)がダウンロードできます。
  1. ワイヤロープ 付属金具はこちら
    1. 断線 ※断線は、手で折り曲げて切除しておくのがよい
      日常点検・定期点検 目視

      素線が、ロープ1よりの間において最外層ストランド中の総素線数の10%以上断線しているもの、又はロープ5より間において20%以上断線しているもの。
      ニップ断線(谷切れ部)の場合は、1本でも断線があれば廃棄。

      例)
      6×24の場合、1ピッチの間に14本以上断線しているものは廃棄
      (計算式:6×24×0.1=14.4)
      IWRC 6×WS(36)の場合、1ピッチの間に21本以上断線しているものは廃棄
      (計算式:6×36×0.1=21.6)

      クラウン断線
      (山切れ)
      ニップ断線
      (谷切れ)
    2. 磨耗
      日常点検・定期点検 ノギス等で計測
      磨耗によって、直径の減少が公称径の7%を超えるもの。
      例)
      12mmの場合、12×0.07=0.84mm
      12-0.84=11.16
      よって11.16mm以下のものは廃棄

      20mmの場合、20×0.07=1.4mm
      20-1.4=18.6
      よって18.6mm以下のものは廃棄

    3. 腐食
      日常点検・定期点検 目視
      腐食によって、紫線表面にピッチングが発生して、あばた状になったもの。
    4. 形くずれ
      日常点検・定期点検 目視
      形くずれによって、キンク及び著しい偏平化、曲がり、 かご状などの欠陥が生じたもの。
      ■プラスキンク
      ■マイナスキンク
      ■うねり

      うねりの高さ(X)/ロープ径(D)が4/3以上
       例)10mmの場合、(10×4)÷3=13.333 よって13.3mmを超えるものは廃棄
      ■つぶれ
      短径/長径が2/3以下 例)
      30mmの場合、(30×2)÷3=20
      よって短径が20mm以下なら廃棄

      他に素線の飛び出し、心のはみ出し、ストランドの落ち込み、ストランドの飛び出しなどがあります。※随時写真をアップしていきます。
    5. 電弧又は熱影響
      日常点検・定期点検 目視
      テンパーカラー(ブルー色)又は溶損[アーク(スパーク)痕(溶損)]の認められるもの。
      他に素線表面に金属の光沢がなくなり灰白色になっているものや、繊維心が炭化していたり、合成繊維心が溶けているものも廃棄。
    6. 塗油の状態
      日常点検・定期点検 目視
      油(グリース)が不足しているものは塗油して補充してください。
      ※グリースの補給は耐摩耗性、腐食、疲労などの進行に対して著しい効果があります。
      状況にもよりますが、約2〜3倍ロープが長持ちします。 ※ワイヤロープの補給用グリースは必ずワイヤロープ専用のグリースを使用してください。
    7. アイ部、圧縮止め部
      日常点検・定期点検 目視
        き裂、変形、ロープのずれ、又は著しいきずなどが発生しているもの。
      ※トヨロックの廃棄基準によると
      1 一度でも高温で加熱されたもの。  
      2 アイ側のトヨロック端(図イ)が、目で見える程度に広がっているもの。
      3 アイの反対側のトヨロック部分(図ロ)に凹みを生じ、明らかにトヨロックの内部で,ロープがスリップしているもの。
      4 トヨロック部分が、目で見える程度に彎曲しているもの。
      5 磨耗等により、トヨロックの肉厚が1/2程度に減少している部分や外傷の深さが同じ位の深さに及んだ部分のあるもの。
      6 トヨロックの付着の箇所(図ロ)で、ロープに断線があるもの。
  2. 付属金具 ※フックを例にとって図を作成しました。 ワイヤロープ
    1. 変形
      日常点検・定期点検 目視
      曲がり、ねじれ、ゆがみなどが認められるもの。
    2. きず
      日常点検・定期点検 目視
      著しい当たりきず、切り欠ききずなどが認められるもの。
    3. き裂
      日常点検・定期点検 目視 又は 浸透探傷 ※1 又は 磁粉探傷 ※2
      き裂が認められるもの。

      ※1 JIS Z 2343(浸透探傷試験方法及び欠陥指示模様の等級分類)による。

      ※2 JIS G 0565(鉄鋼材料の磁粉探傷試験方法及び欠陥磁粉模様の等級分類)による。
    4. 摩耗
      日常点検・定期点検 ノギス等で計測
      磨耗量が元の寸法の10%を超えるもの。
    5. 腐食
      日常点検・定期点検 目視
      全体に腐食が認められるもの、又は局部的に著しい腐食のあるもの。
記号の見方 ワイヤロープ加工
ワイヤロープ取扱い
初心者向け
呼称
より方とより方向
台付け
(219条)
段落しとかご段落し
ロック
台付けと段落しの違い
ロープ径の測り方
記号の見方
点検と廃棄基準
ロープ加工
ロープ加工ビデオ
書籍
歴史
Calculation
自動計算
ワイヤロープ破断
荷重計算
ロープ破断荷重から
つり荷重を計算
つり荷重から1本当たりに必要な破断荷重を計算
つり荷重から1本あたりに必要な破断荷重を計算(比較)
単位換算
『力・重量』換算
『長さ』換算
参考文献
ワイヤロープハンドブック:ロープ用語、日刊工業新聞社
ワイヤロープ、東京製綱
ワイヤロープのすべて(上)(下)、製綱活性化研究会
移動式クレ〜ン倶楽部
ロープ最前線!「ロープブログ」スタート!!
メールマガジン登録は無料!最新情報をお届け
ロープ ファクトリーホームロープ ファクトリーサイトマップロープ ファクトリーお問合せロープブログへ移動ロープ ファクトリーメールマガジン ページトップへ
Google
WWW を検索 rope.co.jpを検索
中村工業株式会社 大阪市大正区泉尾6丁目5番40号
TEL : 06-6551-3390 FAX : 06-6551-3396 Mail : info@rope.co.jp
Copyright © 1997-2012 NAKAMURA INDUSTRY CO.,LTD.
Produced by srif9920