ロープファクトリー ロープファクトリー:サイトマップへ ロープファクトリー:お問い合わせへ ロープブログへ移動 ロープファクトリー:メールマガジン説明へ

ワイヤロープ案内|講座|初心者向け

段落しとかご段落し

段落し

段落しは『219条加工』や『半差し』とも呼ばれ、物を吊る(玉掛索)ための加工方法です。
台付けに使用することも可能です。
加工は、ロープのより方向と同方向に3回編みこみ、ストランドを半分(半差し/上層と下層)に分けて、さらに2回(計5回以上)編みこみます。
(最初に4回編みこみ後、半差し1回の計5回以上でも可)
ロープを編みこむ前にフレミッシュ(頭割りともいう)を施すことによって、加工強度を高める方法もあります。

■段落しの写真

■拡大写真
かご段落し

かご差しは『本さつま』とも呼ばれ、よりが抜けやすい用途に使用されます。
加工は、より方向と反対方向に編みこむため、ロープが回転してよりが抜けても加工部分が抜けにくいという特徴があります。
デメリットとしては、加工に時間がかかり、価格も高くなります。

■かご段落しの写真

■拡大写真
    注意!
  1. かご差しも半差しのないものは玉掛索で使用することはできません(台付けになります)。
  2. 一本吊りは、かご差しでも抜ける場合があるので、危険です。
  3. 玉掛け作業には国家検定ロープ加工技能士の作った製品を使用してください。
【参考資料】
■加工効率
取付方法 略 図 効率% 備 考
段落し 75〜95
15mm以下
16mm〜26mm
28mm〜38mm
39mm以上
95%
85%
80%
75%
ロック 95 アルミ素菅をプレス加工する。
ソケット止め 100 合金又は亜鉛鋳込み法
グリップ止め 80〜85 増し締めが必要。
加工不適当なものの効率は50%以下

【関連項目】
台付け ロック
ワイヤロープ取扱い
初心者向け
呼称
より方とより方向
台付け
(219条)
段落しとかご段落し
ロック
台付けと段落しの違い
ロープ径の測り方
記号の見方
点検と廃棄基準
ロープ加工
ロープ加工ビデオ
書籍
歴史
Calculation
自動計算
ワイヤロープ破断
荷重計算
ロープ破断荷重から
つり荷重を計算
つり荷重から1本当たりに必要な破断荷重を計算
つり荷重から1本あたりに必要な破断荷重を計算(比較)
単位換算
『力・重量』換算
『長さ』換算
参考文献
ワイヤロープハンドブック:ロープ用語、日刊工業新聞社
ワイヤロープ、東京製綱
ワイヤロープのすべて(上)(下)、製綱活性化研究会
移動式クレ〜ン倶楽部
ロープ最前線!「ロープブログ」スタート!!
メールマガジン登録は無料!最新情報をお届け
ロープ ファクトリーホームロープ ファクトリーサイトマップロープ ファクトリーお問合せロープブログへ移動ロープ ファクトリーメールマガジン ページトップへ
Google
WWW を検索 rope.co.jpを検索
中村工業株式会社 大阪市大正区泉尾6丁目5番40号
TEL : 06-6551-3390 FAX : 06-6551-3396 Mail : info@rope.co.jp
Copyright © 1997-2012 NAKAMURA INDUSTRY CO.,LTD.
Produced by srif9920